So-net無料ブログ作成

8月の読書まとめ [読書]

今日から塾の完成シリーズ始まりました!

塾まで片道電車で1時間以上かかるのでしんどいです><

がんばるます・・・

で、8月中に読んだ本の感想まとめときます^^

BL小説も混ざっちゃってるんでしまっちゃいますが興味のある方はどうぞww8月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3590ページ

スロウハイツの神様(下) (講談社ノベルス)スロウハイツの神様(下) (講談社ノベルス)
売れっ子脚本家赤羽環が所有するアパート『スロウハイツ』にはそれぞれ悩みを抱えた芸術家の卵と人気小説家チヨダコーキが共同生活を送っています。『スロウハイツ』の住民が関わって成長しついくお話。徐々に明かされる真実にハラハラドキドキしました。強情なのに本当は泣き虫な環ちゃんが好きで、黒木さんのえげつないけどふと優しい言葉をかけたり、些細なことで本気で怒ったり、コウちゃんのケーキを一緒に食べてくれたりする優しさがもうめちゃくちゃ大好きなんですがどうしたらいいんでしょう…!すごい面白かった!
読了日:08月29日 著者:辻村 深月
スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)
上巻はそれぞれの内面を描いています。事件はこれから…でしょうか?とりあえず下巻読んできます!辻村深月さんの著作を読むのはこれで2作目。
読了日:08月28日 著者:辻村 深月
なみだめネズミ イグナートのぼうけんなみだめネズミ イグナートのぼうけん
乙一さんの本がものによっては苦手な私でも楽しく読めました。謝ってばかりの気弱なネズミと死刑を宣告された偉そうなお姫様のお話。はじめて出来た友達のために命をかけて挑むイグナート、かっこよかったよ!
読了日:08月27日 著者:乙一
愛されすぎだというけれど (二見書房 シャレード文庫 な 2-12)愛されすぎだというけれど (二見書房 シャレード文庫 な 2-12)
不死身のフェアリー斑目とすっかり淫乱に調教されてしまった(笑)坂下先生の濃厚過ぎる愛の逃避行…という話だったような気がします。とりあえず克幸と湯月の今後が気になります。あと双葉の過去話も。
読了日:08月26日 著者:中原 一也
少年サロメ少年サロメ
幻想的なファンタジー短編集。表題作『少年サロメ』は王子サロメが預言者ヨカナーンの首を求めるシーンが狂気じみていていて好き。歪んでしまった愛が胸に刺さります。XEXがちょっと見て見たかった…!『覇王の樹』も印象に残りました。世界の不文律を破壊しようとしたジャキューズが切なくて好き。 どのお話も盲目的な恋に身を破滅させる少年達が美しかったです。
読了日:08月22日 著者:野阿 梓
愛しているにもほどがある  (二見シャレード文庫 な 2-9)愛しているにもほどがある (二見シャレード文庫 な 2-9)
労働者街で診療所を開く坂下先生の受難シリーズ第2弾。斑目の元部下で身体の関係もあった北原が斑目を取り戻そうと診療所にやってきて…!とりあえず頑張ってフェラしてる坂下先生のエロさと可愛さに打ちのめされましt(殴蹴 奈良先生の挿絵も最高過ぎます!あと克幸さんに惚れた。双葉君可愛いなあ…
読了日:08月22日 著者:中原 一也
愛してないと云ってくれ (シャレード文庫)愛してないと云ってくれ (シャレード文庫)
下品なおっさん×眼鏡のお医者さん…っ!どうしようすごい萌えるww中原さんの書く攻めが大好きなんですが今回は受けの坂下先生がすごいツボでした!強気で正直者!可愛い!エロはそこそこ濃厚ですがストーリーもしっかりしてて楽しめました^^ 斑目の弟のヤクザさんも気になる…!面白かった!
読了日:08月18日 著者:中原 一也
漆黒の王子漆黒の王子
野生化したカラフルなインコが頭上を飛び回る地方都市とその地下で展開する二つの物語。弱者だった二人の男の人間への復讐とその二人に踏みにじられた一人の少女の復讐がたくさんの命を奪う。幸せとは所詮主観的なものだということ。命をかけてでも成し遂げなければいけないほどのことって私にはあるだろうかと少し考えさせられました。それでも悪いことは悪いからみんながそれぞれその罪を背負うことになったのでしょうか。
読了日:08月17日 著者:初野 晴
一途な夜 (B‐PRINCE文庫)一途な夜 (B‐PRINCE文庫)
エロいのが読みたい!と思って手に取った一冊。もっとエロくてもいいのに!(笑)設定も面白いし、攻めは社長でかっこいいし、受けの見栄で嘘ついちゃうとこも可愛いし!やっぱ独占欲強い攻めはいいですよねって話^^それにしても世の中には色んな職業があるんだなあ…
読了日:08月17日 著者:砂床 あい
きのうの神さまきのうの神さま
医師とその家族、看護師、患者との関わりを描いたお話。人物の心理描写が秀逸で、医療ものという感じはあまりしませんでした。医者だから特別な人間だというわけではなく、でも「特別であること」が期待される仕事なんだろうな、と思いました。
読了日:08月14日 著者:西川美和
白蛇島白蛇島
拝島という閉鎖空間で崇められる神様と畏れられる「あれ」の存在。兄弟より深い絆を持つ他者の存在。13年に一度の祭の日に起こる不思議な事件と冒険。幻想的でどこか夢のような島の雰囲気が大好きです。荒太と犬丸のコンビが一番好き!島を出た二人がどんな風に生きて行くのか気になります。
読了日:08月12日 著者:三浦 しをん
初恋ソムリエ初恋ソムリエ
高校生で吹奏楽部のチカとハルタ(親友で恋のライバルでもある)が身の回りで起きる事件を解決していくシリーズ第2弾。強烈な個性を持つキャラクターとぶっとんだ文化部が楽しいです。さくさく読めますがどの話もぐっとくるところがあり、飽きさせません。軽妙な会話も魅力!カイユ君がいいやつで好きだ!ハル君は冷静で推理がさえわたる格好いい側面と恋する乙男な可愛い側面のギャップがいいですね!
読了日:08月10日 著者:初野 晴
退出ゲーム退出ゲーム
高校生で吹奏楽部のチカとハルタが個性的な同窓生達が繰り広げる珍妙な事件を解決していくお話。チカとハルタの間に有りがちな恋愛感情が芽生えないところがいいですね。さくさく読めてますし起きる事件も結構個性的で面白かったです。幼なじみで親友で草壁先生を巡る恋のライバルでもある二人の距離感が好きです。発明部の兄弟が個人的に好き!
読了日:08月09日 著者:初野 晴
シュミじゃないんだシュミじゃないんだ
BL初心者なので入門になるかと読んでみました。…食わず嫌いだった学生モノも読んでみようかと思いました。やっぱ有名な作品は一度読んでおくべきか…BL小説についても語ってほしいと思いました。
読了日:08月04日 著者:三浦 しをん

読書メーター

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。